2018年10月10日

自分の足で立ち上がり、走り回れ

某ブロガーが高知県に住むこととなりました。
これは高知県民の私にとって、とても嬉しい話です。
ですが、高知を絶賛して移住していますが、高知に住んでいる私は「地方の時代はない」と考えています。
どこに住んでもあまり変わりないってのは私も考えるようになり、県外に行った友人もこう言っていました。
地方にないものとは? 地方で最も苦労するのは、たぶん就職の面でしょう。
特に高知は全国で比較的仕事のない県だと言われています。
そして働き先がないだけではありません。
稼ぎのある大規模な会社が少なく、賃金が安いというのが住みにくい最大の原因だと言えます。
県民がIT企業に弱い地方絶賛!でも、高知県は実際のところどうなの?



Posted by のじまみな at 20:18│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。