2018年10月10日

固定資産税には土地に係るものと

固定資産税には土地に係るものと建物に係るものの2つがあります。
いずれも所有している期間、毎年かかるわけですから、オーナーとしてはできるだけ安くしたいところです。
ところがもらう側の市町村としてはできるだけ高くすべく日夜悪戦苦闘しているのです。
特に最近は土地の価格がドンドン下がっておりますので、土地に係る固定資産税を増やすことは至難の業です。
https://ckbroadhurst.com/loan/building/



Posted by のじまみな at 18:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。